こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

【洋書多読】Who, Sir? Me, Sir?

2007'02.03 (Sat) |Edit|

カラッと面白かったです♪

☆☆☆☆☆ YL3.2 10296語
019423021XWho, Sir? Me, Sir? (Oxford Bookworms Library)
K.M. Peyton
Oxford University Press 2000-07-06

by G-Tools


落ちこぼれが集まるHawkwood校とボンボンが集まるGreycoats校。
口もきかない2校ですが、ひょんな事から、トライアスロンで競争することに…

【More・・・】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
落ちこぼれのHawkwood校の4人組がトレーニングを積んで挑むのですが、夢も希望もなく、努力することの嫌いな彼らがトレーニングを通して成長する過程が魅力です♪
先生に指名された4人は、ぐずぐずイヤイヤ始めます。
トライアスロンの競技に乗馬があります。
4人に譲られたお馬はドッグフードになっちゃうはずの、貧相なお馬です。このお馬に深くかかわる不良君がいます。
彼は、家に帰るのも嫌で馬小屋で寝起きし始めるのですが、馬の優しさ美しさに惹かれて愛情と友情を知り始めます。
このお馬を通して不良君がすがすがしく成長してゆく姿にニッコリです。

水泳のトレーニングには、またこれ大胆にも人の家のプールを留守中に拝借したり、でも見つかっちゃって…
このお話しは笑えました(*^_^*)
周囲の大人がやみくもに怒らず、ちゃんと子供たちの理由を聞いてあげて応援してくれるのも良いなぁ~と思いました♪

最後に、おきまりの競技が始まるわけですが、ここでもチームで一番たよりになる不良君が競技に来ないなんてアクシデントがあるのです。
え~、なんで~、と思いながらも、競技中のお話しにも引き込まれてしまい後回し。
そして、不良君が遅れた理由にも、プハっと笑い(*^_^*)

たった1万語のお話しですが、盛りだくさん(*^_^*)

面白かったです~(*^_^*)
スポンサーサイト
【洋書多読】 YL3  |  TB(0)  |  CM(2)   |▲TOP

Comment

GRは持っていたのですが、児童書ばかりよんでいたので、手をつけていませんでした。
面白いですね。登場人物が多いので少し苦労しましたが、GRで面白いのは久しぶりです。
ご紹介、有り難うございました。
aki | 2007年02月05日(月) 14:44 | URL | 【コメント編集】

★有り難うございます♪

よかったです♪
GRの久々のヒットだったので嬉しかったです♪
子供たちがカラッと頑張る姿って、読んでいてたのしいですよね(*^_^*)
びっちゃん | 2007年02月06日(火) 00:27 | URL | 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。