こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

【洋書多読】Heidi

2007'01.06 (Sat) |Edit|

昨年9月、SSSのセットにこの本があったので、お正月用によけておきました♪
新年そうそう、温かい気持で満たされ幸せでした(*^_^*)
☆☆☆☆☆(YL2.4 W8800)
0582421160Heidi(Penguin Readers:Level 2)
Johanna Spyri
Prentice Hall College Div 2001-01-22

by G-Tools


dr-patchさんの感想です♪同じ時期に読んでおられるのが嬉しくて(*^_^*)
そして、ハイジへの憧れを植え付けてくれたQ4さん、有り難うございました(*^_^*)
私がheidiを残した時期に読まれた澄梨さん、おぼろげなシーンを思い出しながら読めたという感想のお陰でワクワク感がさらに増し、お正月まで待てました~(笑)

【More・・・】

幼い頃、日曜アニメで毎週楽しみに見ていた物語。
パルナスの神秘的なコマーシャルが今も頭に残っています(笑)

感動的な場面の記憶を断片的にしか持ち合わせていないにもかかわらず、ハイジ大好き~♪

おじいさんと、スイスの山でノビノビ暮らし、
都会に出ても、ロッテンマイヤさんに叱られながらもハイジはいつも元気よく暮らしていたイメージ。
そんな記憶を辿りながらGRを読みました。

でも、GRを読んで泣きそうになってしまいました(>_<)
ぼや~っと、白いお寝間着を着たハイジが外に立っている場面を覚えていましたが、そんなに意味深い場面だったとは…

大人の都合に振り回されながらも、その場その場を爽やかに生きてきた少女だったんだなぁと実感。
ますますハイジファンになりました。
いつか原文を読めるようになりたいです(*^_^*)

ハイジと言えば、ユキちゃんとヨーゼフ。
GRでは ほとんど出番がありませんでした。
ヨーゼフ出てきたかなぁ(笑)

~~~~~~~~~<メモ>~~~~~~~~~~~~~
いつか、より深くハイジを味わうために、ちょっとメモ♪
YL6なのでマダマダ道は遠いです。
  
 英語でアルプスの少女ハイジ
   たいがあさん2006/12/3編集 
   SSS掲示板 「英語で趣味を楽しむ」広場にリンク

YL6.6 W70000
0140366792Heidi (Puffin Classics)
Johanna Spyri Eileen Hall Cecil Leslie
Puffin 1995-03

by G-Tools



英語でアルプスの少女ハイジ(1)アルムの山へ 
英語でアルプスの少女ハイジ(2)アルムの山へ(その2)
英語でアルプスの少女ハイジ(3)アルムの山へその3
英語でアルプスの少女ハイジ(4)アルムの山へその4

heidiの世界(スイス行きたい)
ハイジ公式ページ→『スイス紹介』で地図をチェック!

SSSの掲示板は役立つ投稿がたくさんありますよね♪
埋もれて行くと、何処に書いてあるかわからないからメモしちゃいます。
ほんとは、いけない事なんですが(すみません!)
でも、もったいない…と思うと、自分使用にメモメモ。
いずれ、図書館情報も、メモりたいです(*^_^*)
スポンサーサイト
【洋書多読】 YL2~  |  TB(0)  |  CM(6)   |▲TOP

Comment

ヨーゼフ

トラックバックありがとうございました。
今年も宜しくお願いします。

やっぱりいつかは原作を読みたいですね。
ハイジもアリス同様に版権切れでいつでもPCで読めるみたいです。
でも、アリスと違って、最初のちょっとみただけで許してってくらい私には難かったですが(笑)

ところで、ヨーゼフの代わりはブラウニーかと・・・。
Q4@こころは暇人 | 2007年01月06日(土) 22:51 | URL | 【コメント編集】

★Q4さん有り難うございます♪

えっ、アリスのほうがましなのですか(>_<)
うーん、やっぱり道は長いなぁ。
でも、多読始めた時を思ったら、すこぉし近づいているような気もしないでもない(笑)

>ヨーゼフの代わりはブラウニーかと・・・。
やっぱり?
ブラウニーでは子供受けしないからヨーゼフで、しかも犬にかわったのかしら?
うん?
ブラウニーは子ヤギと書いてあったかをまずは思い出さねば!
種族は書いてなかった気がするなぁ(笑)

私の読解力って危ないなぁ(*^_^*)
びっちゃん | 2007年01月07日(日) 18:20 | URL | 【コメント編集】

アルムおんじ@ハイジストです

びっちゃんさん、あけましておめでとうございます。
その節(回覧本)はありがとうございました。
Heidiは6冊くらい読んでおります。
何といってもうちの可愛い孫娘ですから(嘘)

原書完訳本(Puffin Classics)は
私の100万語通過本でした。
確かにちょっと難しかった><
原書は敷居が高いとおっしゃる方に、
講談社英語文庫版の「アルプスの少女ハイジ」をオススメしております。YL4.5くらいで25000語です。良いです。ぜひぜひ。
あ、ヨーゼフはアニメのオリジナルキャラクターです。残念ですが小説には出てきません。私もヨーゼフ好きだったのに。
そうそう、DKRのレベル3にもHeidiがありました。語数は2600語くらいで短いですが、絵と写真がGoodでした。
アルムおんじ | 2007年01月07日(日) 23:14 | URL | 【コメント編集】

ご紹介ありがとうございます♪

’おし~えて~、おじいぃ~さん♪’

おお、ほんとだ!
どうして気づかなかったんでしょう、こんな身近におじいさんがいたとは(*^_^*)

アルムおんじさん、明けましておめでとうございます(まだ大丈夫?)
こちらこそ、お世話になりました。
DKR2のファンになったびっちゃんです♪

100万語で原書って(;゜0゜)すごいなぁ~
私はそんなことしたら、英語恐怖症に逆戻りしてしまう可能性大です(笑)
アルムおんじさんおすすめの講談社でウォーミングアップしてみます♪
いや、これでもキツキツ、未踏のレベル4です(拳をギュッ!)

挫折したときにはDKR3でホノボノしてリベンジをはかる(笑)
それにしてもヨーゼフ…、残念(>_<)
宮崎アニメよ、良い思い出を有り難う(*^_^*)

やーん、たくさんご紹介くださって有り難うございました。
新年そうそう一年の楽しみが出来た気分です♪

びっちゃん | 2007年01月08日(月) 07:54 | URL | 【コメント編集】

私も持ってまーす

私もPuffin Classicsのを持ってます!本棚に...まだ読んでません。
なんだか難しそうですねぇ、みなさんのを聞いていると。しりごみしちゃう。
ヨーゼフいないんですかー、原作に。
GRは短いから出てこないのかと思ってましたー。
そうなんだ...残念。
Kaako | 2007年01月08日(月) 19:56 | URL | 【コメント編集】

★Kaakoさんへ

おはようございまぁす♪
KaakoさんもHeidi♪
原作は古典なだけに読みにくいかもしれませんね(>_<)
私はまだ原文で読む気が毛頭ないので、Puffin Classicsを待機させているKaakoさんを尊敬~

そうそう、みんなヨーゼフにはガッカリ(>_<)
彼は子供心をがっちり掴んでくれているすばらしいワンちゃんでしたね(*^_^*)
びっちゃん | 2007年01月09日(火) 06:48 | URL | 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。