こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

【多読洋書】The Year Of Sharing

2007'01.07 (Sun) |Edit|

☆☆☆ YL2.6 6500語
0194229912The Year of Sharing: Level 2 (Bookworms Series)
Harry Gilbert Tricia Hedge
Oxford Univ Pr Childrens Books 2000-08

by G-Tools


最初、すっごく意味がわからない~と思って読んでいました(>_<)
が、途中から、展開が気になり、ドキドキ~

【More・・・】

終わりの手前までは良かったのですが、
最後が気になる終わりかた。
賛否両論ではないでしょうか(^_^;)

って、全然ストーリーにふれてないですね(^_^;)
この本は近未来のお話しです。
地球では、人々は囲われた場所で生活しています。
そして、12歳になると1年間Year of Sharingという儀式に出されてしまいます。
Richard少年はまさに12歳。今年その儀式です。
なんとも過酷な儀式で、「私はこんな未来はいりません」と思いました。
そして、この試練を乗り越えたにもかかわらず、産み育てた子供に愛情を見せない母親がいるわけない、と思い、憤りを感じてしまったので、このお話しには乗れませんでした。残念~。

何度も投げようかと思ったのですが、Year of Sharing中の彼の気持の芽生えにひきつけられ、結局最後まで読んじゃいました。
野生動物が2種類ほど出てくるのですが、彼らの習性を知ることが出来て結構楽しかった♪
Richard君は愛情を選んだのでしょうか、空想がふくらみます(*^_^*)
うん?乗れなかったというわりには、結構楽しんでますね~。
やっぱり投げなかったというのは良かったようです(*^_^*)
スポンサーサイト
【洋書多読】 YL2~  |  TB(0)  |  CM(2)   |▲TOP

Comment

今年初めての書き込みです。今年も宜しくお願いします。
この本、私も持っているのですが、まだ未読です。表紙を眺めて、なんとなく楽しい話じゃなさそうだな~と思って、手にとらないままになっています(^_^;)。近未来の話だったんですね。びっちゃんさんの記事を読んで、読んでみようかな・・・という気になってきました。
回覧本の方は、あっという間に手があがったようなので、次回にチャレンジ!したいです。
rfuji | 2007年01月09日(火) 09:55 | URL | 【コメント編集】

明けましておめでとうございまぁす♪

こんばんは、びっちゃんです♪
この本、最初の段階をクリアすれば、中盤から読みやすくなってきますよ(*^_^*)
rfujiさんの御推測どおり、内容的に決して楽しい話ではありません…
動物がからんでくるお話しなので、そのあたりに惹かれて最後までよんじゃったけど(笑)

でも、セットに含まれていなければ、きっと生涯手に取らない一品でした(笑)
ものは試しに、読んでみてくださいませ(*^_^*)

回覧本楽しみですね♪
きっとツボにはまりますよ(*^_^*)
びっちゃん | 2007年01月09日(火) 22:58 | URL | 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。