こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

【多読】Grace Darling

2006'12.18 (Mon) |Edit|

☆☆☆☆YL2.8 6730語
0194229742Grace Darling (Oxford Bookworms Library 2)
Tim Vickery
Oxford Univ Pr Childrens Books 2000-08-31

by G-Tools

「Darling :愛する人」ではなかった!
この本の内容とあまりにかけ離れた勘違いで、はずかし~(>_<)
そこで、辞書で調べてみました(珍しい~♪)

【More・・・】

Grace Darling って灯台守のお嬢さんのお名前で実在の人物なんです。最初、「Darling :愛する人」と思っていました(>_<)

さて、暗雲立ちこめた嵐の中の灯台の表紙をみて、
『なぜグレースの旦那様という甘そうなタイトルにこんな辛そうな表紙???』
という勘違いをしながら多読はスタートしました。

座礁した船の乗員を助けにゆく灯台守とGraceの話。タイタニックと違ってスケールはコンパクトですが、灯台守の命をかけた重要な仕事を知りました。
そして「次は?」とドキドキしながら次々と読まされました。最後を強引にまとめ上げていますが、この語数なら十分です。レベルの高い本で読んだら、総語数も増えるのでもっと緊迫感が伝わってきて面白いだろうなぁ。
この総語数でまとめ上げたTim Vicaryってすごい人♪
(こないだは、Death in the Freezerで暗いって文句言ってゴメンね)

このお話しが語り継がれるのは、ビクトリア女王が英雄とみとめる勇気ある救出をした事、そして、神の啓示が絡んでいる事があるのかな(*^_^*)

~~<勘違いが恥ずかしかったので調べました>~~~
Darling:
   Dが大文字だと、グレース.ダーリングその人を指す固有名詞になります。
   goo辞書より
    →ダーリング Grace (1815-42)
     灯台守の娘;父と共に難破船の水夫たちを救った(1838)
     英国の国民的英雄

darling:
   
dが小文字だと、最愛の人。
スポンサーサイト
【洋書多読】 YL2~  |  TB(0)  |  CM(2)   |▲TOP

Comment

ぜんぜん大丈夫な勘違いですよ。これくらい。
私なんて・・・。


Grace が溺れるって読んでました・・・。
こんなけなげな娘が死ぬなんて、なんて思いつつ最後まで読んでました。

ハーッハッハ!!勘違いにもほどがある。^^

にしても、実話だったんですね。
今日始めてしりました。
Q4@こころは暇人 | 2006年12月20日(水) 00:33 | URL | 【コメント編集】

★Q4さんへ

おはようございまーす!

うひゃひゃ(笑)
朝からPC見て、ニヤニヤではなく大笑い(*^_^*)
いやー、本当に、いろんな解釈(?)があって、これもまた楽し♪

最後まで手に汗握りながら、娘さんの心配をなさっていた様子が目に浮かびます(*^_^*)

Glaceさん、Goo辞書によると37歳という若さで神の御許に召されたようです(>_<)
我が身を捧げて数々の救助にあたられたのかもしれませんね。

イギリスのかたにとっては、二宮尊徳のように幼少から慣れ親しんでいるかたかも♪
びっちゃん | 2006年12月20日(水) 08:25 | URL | 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。