こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

【洋書】Audrey Hepburn(PGR2)

2006'11.27 (Mon) |Edit|

☆☆☆☆ YL2.2 4900語
Audrey Hepburn (Penguin Joint Venture Readers)
Chris Rice
0582407958


オードリーが、大スターとして華やかな人生を歩みながらも、引退後は子供基金を立ち上げ、またユニセフ親善大使として諸国を回ったという話はあまりにも有名です。

どうして、そこまで子供達に愛を与えることができたのか、こんなに華やかな世界にいながらどうして?と思い続けてきました。
この本はGRですので、簡易的に幼少時代から終生に至るまでの経歴を紹介しています。そして、簡易でありながらも長年思い続けてきた疑問を解消してくれるものでもありました。また、必ずしも成功ばかりではなかった事も教えてくれました。
このお話しを読んで、人が悲劇的な経験をしたあと、その体験をどのように自分の中で熟成するかが大切なんだと思いました。人の経験は熟成の課程によって善にも悪にもなりうる。経験を善にかえて人生を歩んだオードリーにさらに魅了されました♪

ローマの休日がみたくなっちゃった(*^_^*)
スポンサーサイト
【洋書多読】 YL2~  |  TB(0)  |  CM(0)   |▲TOP

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。