こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

Higglety Pigglety Pop!

2008'03.28 (Fri) |Edit|



0060284803


 Higglety Pigglety Pop!:  
  Or There Must Be More to Life

 Maurice Sendak
 Harpercollins (2001/06)

 ●YL:2.5 ●総語数:3,600 (SSS_多読書評より)
 ●音源YouTube

面白い余韻の絵本を思い出しました(笑)
センダックさんのマザーグースにちなんだ絵本です♪

恵まれた飼い犬ジェニーは自分探しの旅に出ます。
「もっと幸せなことがあるかもしれない」と、
黒革のバッグを一つくわえて…
検索タグ: [多読_絵本] [多読_マザーグース] [多読_YL2][多読_Maurice Sendak]


【More・・・】

この絵本のAmazonの解説に「Higglety, pigglety, pop!はマザーグース」と書いてありました。
韻を楽しむナンセンスな唄だと思いますが、
いつも楽しく口ずさんでいた詩が マザーグースの一つだということを知り、この唄にも興味深々です♪

また この物語の結末には意表をつかれました。
「行き詰ったら 外にでれば答えがある」という言葉とかぶってしまったセンダックさんの絵本。

「幸せは一番身近なものだった」ということでおうちに帰ることを想像していましたが、ラストのジェニーのお手紙は、飼い主の立場としてはホロ苦かったりして;;
でも、また手にとって読みたいなー!と思ったお話です。
 
ラストにはマザーグースシアターの面々とジェニーによるHigglety, pigglety, pop!のナンセンスな劇が描かれています♪
この詩のナンセンスな絵を もっといっぱい見たいなーと思いました^^

Higglety, pigglety, pop!
The dog has eaten the mop;
The pig's in a hurry,
The cat's in a flurry,
Higglety, pigglety, pop!
スポンサーサイト
【マザーグース】  |  TB(0)  |  CM(0)   |▲TOP

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。