こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

【洋書多読】Love That Dog

2008'03.09 (Sun) |Edit|

0064409597Love That Dog (Joanna Cotler Books)
Sharon Creech
Trophy Pr 2003-03

●YL(平均):3.4 ●総語数:3,709

詩を書くって こんなに自由なんだ…
奥深い気持ちが昇華され開放へと向かう 詩の深い力…
ハラリと涙しました;;
検索タグ: [多読_SharonCreech ] [多読_児童書] [多読_YL3][多読_はらり涙]

【More・・・】

rfujiさんyukinoちゃんも好きだというLove That Dog。

「詩なんてかけないよ、女の子のやることだい!」
とのワンパクな言葉から始まるこの物語(笑)

読み始めは
Jackが何者で どうして詩を書くのか…
この文章が誰に宛てられているのか…
よくわからない印象だったのですが、
読むほどに情景が固ってゆきました^^

物語は  主人公Jackが詩を学び 親しんでゆく様子を描いています。

Jackは2行ほどの単語をつなぎ合わせた詩から、
徐々に日常を表現しはじめ、
愛するものを詠むほどに詩に魅了されてゆきます。

まねてみたり、行間の注文をつけてみたり…
言葉を自由に並べはじめるJackを通して 
詩と親しめるのが素敵です^^

そして 詩に隠される書き手の思いやり 
深い力…

Pleasing the Ghostのときと同じく 今回も…

いつも愛とせつなさでハラリと泣かされるSharon Creechさんの作品。
読めて良かったです♪
ゆっくり読ませてくださったお友達に感謝します^^
Pleasing the Ghost
スポンサーサイト
【洋書多読】 YL3  |  TB(0)  |  CM(8)   |▲TOP

Comment

再読したい本

びっちゃん、こんにちは。私もLove That Dog、rfujiさんから紹介頂き、読んで感動しました。ちょっと入っていくのにのに時間はかかったけど、心にズンと残るお話でした。理解しそびれてる部分もあるのでいつか再読します。そういう本が一杯(笑)。Pleasing the Ghostもぜひいつか読んでみたいです。楽しみです。
rosie | 2008年03月09日(日) 18:06 | URL | 【コメント編集】

★rosieさん、有難うございます^^

rosieさん、おはようございます^^
私もrosieさんと同じく、この先なんども再読したいと思いました♪
Jackが大好きな作家さんの詩と出会い 目を輝かせたように、
多読をしていると好きな作家さんが増えてきて、読む原動力になりますよねー^^
Sharon Creechさんの透明感溢れる本がこの先待っていてくれると思うと嬉しいです♪
Pleasing the ghostもぜひぜひ手にとって楽しんでくださいね^^
お花が開いてきましたね♪ハルちゃんも日向ぼっこしながら居眠りしてるのかなーとホノボノしています。
いつも幸せな様子を有難うございます^^
びっちゃん | 2008年03月10日(月) 07:29 | URL | 【コメント編集】

Dear Mr. Henshawも・・・

びっちゃん、こんにちは。
「Love That Dog」を読まれたのですね。私も大好きな本なので、
感想をうかがって、とてもうれしいです♪
最近、「Dear Mr. Henshaw」という本を読んだのですが、
少しずつ書くことに楽しみを見出していく様子が、「Love That Dog」のJackに
似ていて、面白かったです。切ない部分と、本質的なテーマは異なるのですが、
こちらも素敵な作品だったので、機会があればぜひ~(^^)。
rfuji | 2008年03月13日(木) 16:49 | URL | 【コメント編集】

★rfujiさん、ありがとうございます^^

すっかりお返事が遅くなってごめんなさい!^^;
Love That Dogの評判があまりにも高くて、味わえなかったからどうしよう…となかなか手に取れませんでした(笑)
実際読んでみると 素直な気持ちがダイレクトに伝わってきて胸にせまり;;
読めてよかったなーと思った作品でした♪
素敵な物語をお勧めしてくださったrfujiさんに感謝します^^

Dear Mr. Henshawも素敵な香りがただよう作品ですね!
うーん、読みたいです^^
(未読本の整理は もう無理、笑うしかありません^^)
びっちゃん | 2008年03月16日(日) 12:52 | URL | 【コメント編集】

とっても気になってしまって、地元の図書館のサイトで調べたら、ありました。
ということで、多分、明日借りてきてしまうと思います。わくわく♪
でも、その前に借りている本がすでに3冊・・・ほかの方には悪いけれども、貸し出し期間、延長だぁ・・・Dillさんのブログもあって、最近、詩、とくに子どもの詩に興味が出てきているところです。この本、表紙も素敵。

素敵な本の紹介どうもありがとうございました!
michi | 2008年03月16日(日) 21:38 | URL | 【コメント編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008年03月17日(月) 00:17 |  | 【コメント編集】

★michiさん、有難うございます^^

おはようございます♪
うわぁ~、図書館にあるのですね!
嬉しいお話をありがとうございます^^

>最近、詩、とくに子どもの詩に興味
わかります!
Dillさんのご紹介は本当に素敵で、手に取りたくなる記事ばかりです^^

いちはやくmichiさんに詩をおすすめになっていたご主人さま、そしてDillさんとの出会いがあって♪
michiさんのために準備が整ってきたかのようですね^^
うふふ~、ご主人様はmichiさんの素晴らしい理解者なんだなーとホンワカしています^^

興味をもっていただいて、嬉しいです。
私のほうこそ有難うございます^^

PS 
Woman in blackのリトールド、怖かったです;;
しばらく暗闇が恐ろしい(爆)
原作の描写を考えるだけで身の毛がよだちます。
リトールドでよかったです^^
いつも興味深い本のご紹介をありがとうございます^^
びっちゃん | 2008年03月18日(火) 07:10 | URL | 【コメント編集】

★鍵コメさん、ありがとうございます♪

適切なアドバイスを有難うございます♪
これからもどうぞよろしくお願いします^^
びっちゃん | 2008年03月18日(火) 07:14 | URL | 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。