こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

とっても簡単な本から読み始めるメリット

2007'01.28 (Sun) |Edit|

絵をみるだけで、その言葉が持つ意味が理解できるので、
今まで学校で習ってきた和訳を介する読み方を排除できます♪
英語→日本語→理解という読み方を自然に身につけて行けるようです♪


【More・・・】

アメリカンスクール1年次で教師が子供達に言葉を教える上で最も大切にしていることは、
言葉と体験だそうです。
例えば味の単語を教えるとき。
sour(酸っぱい)を教えるときには、酸っぱいモノをタクサン集めて、
実際にみんなで味見をするそうです。
そして、子供達はsour、sourとしゃべってるウチに覚えてゆくと言うことです。

私は大人ですので、すでに蓄積してきた経験があります。
でも、英語で体験してきたわけではありません。

絵本をたくさん読んで、疑似体験することは、
言葉が持つ感覚を身につけることはとても良い方法だと思いました♪

感覚が身に付いた単語は、
「単語を見る=感覚」という感じで、
言葉が引き出す気持をそのまま感じとることが出来てると思います。
お陰で全体的にリーディングの速度が速まったと思います(*^_^*)

疑似体験を積むためにも、絵本を含めたYL0~1を多読するのは大切だなぁと実感します(*^_^*)

そして、そのレベルを読めば読むほど感覚が身に付くのが
とっても簡単な本を読むメリットだと思います。
スポンサーサイト
多読をスタートする方法  |  TB(0)  |  CM(0)   |▲TOP

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。