こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

たくさん洋書を読む

2007'01.28 (Sun) |Edit|

今まで習ってきた学校英語で「I take a walk with my dog」は、

「私は、散歩します、飼い犬と。」という感じで訳して理解します。
 英語→ 日本語 →理解というプロセスです。

多読は
 英語→ 日本語 →理解というプロセスをたどって日本語訳を入れないように読んで行きます。

文字の通り理解できるようになるための大きな鍵は、
多読三原則と簡単な絵本!

お馴染み、次のお約束を守って、
「辞書は使わない」
「わからないところは飛ばす」
「つまらなくなったら後回し」

読み始める本は、ホント~に簡単なものを選びます!



進める理想は…
 ①1ページに1語の本を大量に読む
  (タイトルのみの絵だけの絵本も含みます)
 ②1ページに1行の本を大量に読む
例えばタドキッズにあるような本です。
 ③1ページに数行の本を大量に読む
  参考図書YL0
 ④1ページに挿し絵入りの本を大量に読む
  参考図書YL1
 ⑤こども向けペーパーバック(児童書)
  参考図書YL2 YL3 YL4 
 ⑥大人向けペーパーバック
という感じで段階的に量とレベルと上げて行きます。

ブッククラブが近くにあるようでしたら是非、このような本を手にとって始めてみて下さい♪

私はPGR0から始めたので④でしょうか?
(こんな感じで30万語まで進めました)

でも30万語を越えたあたりから、言葉のイメージを引き出す大切さを感じて、
①~③を加えながら進めて行きました。
(YLになおすとYL0~1くらいのレベルだと思います。)
スポンサーサイト
多読をスタートする方法  |  TB(0)  |  CM(0)   |▲TOP

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。