こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

【多聴多読】VOAでシェークスピア

2007'05.25 (Fri) |Edit|

多読を始めて知ったのですが、英米文学はシェークスピア・聖書・マザーグースを押さえると、もっと深みが増すらしいですね♪
romeobritannica_22may07_se_2.jpg(ロミオとジュリエット)

今、とっても簡単なシェークスピアをVOAでやってます(*^_^*)
来週も引き続きシェークスピアらしいので、読んでおけば良いかも~と思ってチェックしてます♪
>>All the World Still a Stage for Shakespeare's Timeless Imagination
(最近VOAは、気の向いた素材を
 「聴いて→読んで→シャドーイングする」という感じで使っています。
YL2程度の無料ノンフィクション集だと思っているので♪)

【More・・・】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
目指せ100万語仲間のQ○さんが、20万語くらいの段階でシェークスピアを…とおっしゃっていたのを思いかえします(*^_^*)
shakespeare_2_w_22may07_150.jpg
(シェークスピアさん)
英米文学を深めようという真摯な気持を 今頃感じてる私でした(>_<)
(あの時は、「まぁ、劇がお好きなのね…」という感じ…)

どちらにしても、これら3点セットは、簡単な事からすこぉしずつ馴染んで行くのが一番かなぁと思います

私の場合
★マザーグース(現在進行中):歌でなじむ
★シェークスピア(未実施):劇(ビデオ)をみる、簡単なお話を読む。
★聖書(未実施):
う~ん、これが一番むずかしい… 
聖書の文句を知ってもわかんないだろうなぁと思うんです。
多分、日常生活と聖書との係わりを知らないと意味をくみ取るのは難しそう…。
日曜日に教会に行って牧師さんのお説教を拝聴する…というのも手でしょうか。
毎週行って聴いてるうちに耳慣れてきて、聖書と実践とがリンクしてくるんでしょうね(笑)
でも現実問題、そこまで行きたいとは…

自称仏教徒なんです…
お寺の幼なじみはいても教会の幼なじみはいないのです(笑)
ということで、どんなふうに馴染んで行こうかと考え中(笑)
スポンサーサイト
【洋書多読】 シャドーイング  |  TB(0)  |  CM(9)   |▲TOP

Comment

 びっちゃんの記事にはいつも、健康で素直な明るさを感じます。どんどん読書の幅を広げ、深く学んでいく方なんだろうなと思います。
  バーニンガムの作品は私のやっている読み聞かせの会でも何度もお世話になっています。上品で温かみがありますね。
 聖書は、Good News Bibleでマルコや使徒行伝辺りから読んでみてはいかがでしょう。
philjoy | 2007年05月26日(土) 02:47 | URL | 【コメント編集】

いつもありがとうございます

びっちゃん、いつもありがとうございます。
dr-patchです。

こちらになかなかご訪問できなくてごめんなさい・・・
やっと100万語通過、でもまだまだこれからです。

Blogには書いてありませんが多聴の時間は6000時間を越えています。
主にBBCニュース、映画DVDなどで、朗読系はほとんど無かったです。

これからも Happy Reading !!
dr-patch | 2007年05月26日(土) 14:52 | URL | 【コメント編集】

★温かいコメント、有り難うございます♪

★philjoyさんへ
こんばんは!誉めてもらいすぎで恐縮です♪
今まで明確な目的がなく「なんとなくお得???」という感じで英語に憧れていただけだったので発展はなかったのです(笑)
多読をするようになってから、「英語→物事を知るためのツール」のようなとらえかたになってきて♪まだまだ6歳未満のレベルですが(笑)
philjoyさんのように、楽しさを教えるお教室だと子供は黙っていても意欲的になりそうですね(*^_^*)
>Good News Bible
早速アドバイスを有り難うございます♪みなさんのお陰で興味がつきることなく細々と英語とふれあえる時間を過ごせています(*^_^*)
早速調べてみようと思います。本当に有り難うございました♪


★dr-patchさんへ
こんばんは!お洋服も模様替えの季節、blogも爽やかに模様替えなさいましたね(*^_^*)
こちらこそ、いつも素敵な本をご紹介頂いて有り難うございます♪
次のステージも楽しそうですよね♪私も100万語の山を登って、広がる未読本の風景を堪能しなくては(笑)
>6000時間
わはは、どうして多聴の記事がないなぁ…って思っていたのがばれたのですか(笑)
左メニューにあったBBCサイトまでなくなっちゃって、あのころ寂しかった私です♪
6000時間…ず~っと聴いてこられたdr-patchさんに乾杯です!BBCはとっても早く感じるので、しばらく聴いてませんが、月に2回くらい入れてみようかと思い始めました(*^_^*)
来て下さって感謝しています♪
次なる200万語目指して、HappyReading(^0^)/~
びっちゃん | 2007年05月26日(土) 18:49 | URL | 【コメント編集】

実は、私もシェークスピアは英文学を深く知るためには大切だなぁと思いつつも、全然読んだことがないんです・・・

聖書は、今年の1月から通読を目指しているんですが、4月あたりで挫折・・・通読表があるので、遅れをとりもどせたらと思っています。もちろん、聖書やシェークスピアやマザーグース、知らなくても本は楽しめるかもしれませんが、深く読もうと思うと、欠かせないなぁと痛感するこのごろです。
michi | 2007年05月26日(土) 19:48 | URL | 【コメント編集】

★michiさん、有り難うございます♪

michiさん、こんばんは!
やっぱり、ドンドン大切になってゆくのですね(^_^;)
シェークスピアって、格調高そうなので、入門者は臨場感溢れる映画やお芝居で楽しむのが良いのかなぁと思ったりしています♪読むと寝そうで…(笑)
聖書って一人では一章でさえ読み通す気力が涌かないんですよ(泣)手塚治虫の新約聖書という日本語の漫画は面白かったですが♪
聖書はもっと、洋書を読めるようになってからでも良いかなぁと思ったりして(笑)気力を奮い立たせることから始まります。
Good News Bibleなるものはなにか!ネィティブの皆さんが、生きてきた時間を通して身につけた感覚をとらえるのですから焦らず焦らずのスタンスで参ります(*^_^*)
コメント、有り難うございました♪
びっちゃん | 2007年05月26日(土) 23:14 | URL | 【コメント編集】

紹介いただきました、Q○です。
こんばんは。

>目指せ100万語仲間のQ○さんが、20万語くらいの段階でシェークスピアを…とおっしゃっていたのを思いかえします(*^_^*)

よく覚えてましたね~。


>英米文学を深めようという真摯な気持を 今頃感じてる私でした(>_<)

ちょびっとだけ訂正です。
そんな崇高の気持ちはあまりなく、単純にシェークスピアが好きなんです。
というよりは、英語学習の最終目標がシェークスピアを原文で楽しむことと言っても過言じゃないかも、特にリア王が読みたくてたまりません。

ただ、その進化の先には最近のイギリスの映画を楽しめるって欲も
あります。シェークスピアはイギリスではやはり偉大らしく、引用ってレベルではなく、「シェークスピア曰く」なんて語りだしを結構見かけるんですよ~。

私の中では、英文学で言ったらシェークスピアとマザーグース、あとはルイス・キャロル、聖書ははずせないと思ってます。
そんなこともあって、主に多読はイギリスのものがベースとなってます。
でも、肝心のシェークスピアの劇は数個しか見ていないんですよね(笑)

私の求める英語学習の結果としては、上に加えて、あとは、ケルト神話とアーサー王伝説が読めれば満足なんです。ほんとは英語とはちょっと違うんですけど。
そんなこんなで、英語については、本を読みたいって気持ち以外があまりないので、今ひとつ英会話とかに興味をもてず困ってます。

あと、聖書は昔に日本語で読んだんですが、洋書を読んでもさっぱりどこを引用してるのかは気付いたことはありません。
やっぱり、英語で読む必要があるんでしょうかね・・・。

もしびっちゃんさんが読み始めるならオーソドックスなアダムトイブ、ノアの箱舟とバベルの塔あたりをお勧めします。

特にアダムとイブは、いたるところで蛇が悪者になる理由をストレートに理解できるので。



最後に、マザーグースが気に入ったというびっちゃんさんにこのHPアドレスを送ります。
http://mothergoose-room.com/
私のお気に入りだったページです。

最後の最後になりますが、私は完璧なる無神教です。
Q4 | 2007年05月29日(火) 00:34 | URL | 【コメント編集】

★Q4さん有り難うございました♪

こんにちは!
コメント頂きまして有り難うございます♪
根っからの文学青年(?)なんですね(*^_^*)
イギリス文学を楽しむためにいち早く3点セット+アリス戦略を練られておられるところが、やり手です♪
ところで~、このサイト素敵ですね♪
すっかり、アレコレ見入ってしまってます(*^_^*)
このサイトがあれば、基本を押さえられるので、初心者は本しばらく本を買う必要ないかも♪
本当に有り難うございました!
>完璧なる無神教
わはは!
(仏教徒+無神教)VS聖書ですね♪
力よわそ~(*^_^*)
びっちゃん | 2007年05月30日(水) 12:17 | URL | 【コメント編集】

はい~♪聖書の大人読み図書候補でーす♪

こんばんは、ミグです。


聖書だとこんなのがあります♪
・The Usborne Children's Bible
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=aw_mp_1/?a=0746043058&uid=NULLGWDOCOMO


一応、携帯用アドレスも貼っておきます。


Little Encyclopedia を追跡していて、見つけました(*^-^)b大きさは同じです。
聖書は史上最大のベストセラーですからリトールドも半端な数ではないですね(笑)。


ミグも従軍牧師の話なんかを理解するのには、聖書にも取り組む必要を感じています。


Usborneをチェックしているといろんな多読図書候補が見つかります♪
どうも、カタログで17㎝×13㎝(注:Amazonのデータはいい加減)の本に低コストで持ち運びに便利な合本が多いようです!


同タイトルなら内容は同一のようなので、安い方がお得です。


では
ミグ | 2007年06月06日(水) 02:34 | URL | 【コメント編集】

★ミグさん、有り難うございます♪

おはようございます(*^_^*)
お元気そうで安心安心♪
さっそくのbible情報を有り難うございます♪
Usbornは絶妙なバランスと優しい色合いで編集されていそうで楽しみです♪
しかもあの小さいバージョン(*^_^*)
あれは、手触りといい、大きさといい、鞄から取り出すのが楽しくなります♪
http://www.amazon.co.jp/Usborne-Childrens-Bible/dp/0794500285/ref=sr_1_23/250-4734202-7446662?ie=UTF8&s=english-books&qid=1181082319&sr=8-23

このノアの箱船も可愛い~ではないですか♪
リトールドで下地を作って本物聖書に移るのも、王道ですね♪
まずは皆さんお薦めの所を読んで(*^_^*)
・マルコや使徒行伝
・アダムとイブ、ノアの箱舟とバベルの塔

ミグさん、いつもお世話になって感謝です♪
有り難うございました(*^_^*)
びっちゃん | 2007年06月06日(水) 07:48 | URL | 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。