こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

マザーグースって何???

2007'05.11 (Fri) |Edit|

うーん…初心者としてマザーグースに興味を持ち始め、一番最初に思ったことがあります。
義務教育英語を終了し、英語に興味を持ち始めた段階で、
『マザーグースって何でしょう?』
と訪ねられたら?

人は3通りにわかれるかも…
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、次の3通り(1)~(3)のどの部類でしょうか(笑)
(1)『ガチョウのおばさんでしょ!』
  →「他には?」→『…えっ、違うの?』
(2)『唄でしょ、よく知らないけれど知ってる曲にであうと嬉しいのよね♪』
(3)『マザーグースは奥深いのよね!口ずさむと楽しい♪引用されていると嬉しいの♪』

【More・・・】

★(1)と思った貴方へ♪ 
 貴方はヒジョーにラッキーな人だと思います。
 興味が涌いてくれば、真っ白な心のキャンパスに描かれてゆく
 マザーグースをドンドン吸収する楽しさを味わえる人です(笑)

★(2)と思った貴方へ♪ 
 貴方は、結構、物知りな人だと思います。
 「マザーグースとは何か?」という初歩的な事をすっ飛ばして、
 詩を楽しむことから入れるラッキーな人です(*^_^*)

★(3)と思った貴方へ♪
 貴方は、ヒジョーに好奇心旺盛な人だと思います。
 既にマザーグースを口ずさみ奥深いと認識している貴方は、
 うんちくから入っても、興味深くフムフムと読むことができる
 ラッキーな人と思います。
 本や映画、いろんなところで詩と触れあって楽しんで下さい♪ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という3つのラッキーな人に分類できるような気がします(笑)
(勝手に振り分けてます♪)


で、私は当然(1)の人。
掲示板etcで『マザーグース、奥深い』という言葉をみるたび、
「マザーグース?ガチョウのおばさんでしょ?
えっ、他になにか意味があるのかな???」

mother2.jpg

※総語数50万語、シャドーイングを始めた3ヶ月前の自分です(笑)


多読50万語まで、その状態でした(笑)
そこで、これから洋書を楽しむ上でも、せめて(2)の状態になりたいよ~

『マザーグースってメロディー付きの詩でしょ(*^_^*)』
って相づち打てるようになりたいよ~!という気持が高まり、

また、洋書をじっくり読む間がないという良好な環境(?)が重なり、
マザーグースにチャレンジすることなりました。
目指すは(2)の相づちを打てる自分!
そして、マザーグース月間がはじまる…

このようにトンデモナイ初心者(*^_^*)
ですので、親しもうとする道のりを書くことはできるのですが、
逆立ちしてもマザーグースの奥深さを語るBlogにはなりません(笑)




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一人の力は小さいけれど、みんなでやれば大きな力♪
一日一回クリック募金(無料♪)宜しくお願いします(*^_^*)

>>リンク切れの場合はこちらへ♪


※写真はイメージに近かったので
http://www.maidenhead-drama.co.uk/past/mother_goose.html
からお借りしました。
スポンサーサイト
【マザーグース】  |  TB(0)  |  CM(4)   |▲TOP

Comment

おっと(4)の私がいます。
私の中ではマザーグースは当時の社会の揶揄という印象が深いです。

特にそう思ってしまうのは、「ひーとりふーたり三人のインディアン」って歌と「誰が駒鳥を殺したの?」に感じてます、極めつけは「Baa,Baa,Black sheep」な感じです。

この辺は、主に社会批判というか、社会そのものの現実を伝える歌となっていて、当時に、これだけの揶揄をできる存在の人はは命知らずですごいんだろうなぁとたまに夢想してます。


それはそれとして、アリスとかで引用されまくりらしいので、アリスを読む前にはマザーグースも抑えたいと思っている私がいますので、その時はびっちゃんさんの歩みを参考にさせていただきたいと思います。
Q4 | 2007年05月12日(土) 03:16 | URL | 【コメント編集】

はじめてコメントします。
メアリー・ポピンズでも引用されてますよ~。バンクス家のジェインとマイケルがマザーグースに出てくる歌を元にやり取りする場面があります。
英米系の児童文学作品を読むときはマザーグースを知っておくとより楽しめると思います。
じゃじゃまる | 2007年05月12日(土) 11:02 | URL | 【コメント編集】

こんにちは、
 昔、Jack and Jill 等をラテン語にした合唱曲を歌ったことがあります。英語文化の中では、マザーグースは、いたるところに顔を出しますね。
 私はリズムのおもしろいのを択んでは、手遊びを勝手につけて子供の教材に使わせてもらってます。
philjoy | 2007年05月12日(土) 19:44 | URL | 【コメント編集】

★温かいコメント 有り難うございます♪

★Q4さんへ
おはようございます、そして
(4)の設定も作ってくれてどうも有り難うございます♪
すごーい!マザーグースのタイトルで自分の思いを表現できるとは!いまだにインディアンの背後を知らないので、こんど見つけたら聞き込んでアンチョコ探してみようと想います(*^_^*)
>命知らずですごいんだろうなぁ
言われてみればそうですね…
当時だとお縄頂戴になっちゃうかもしれないですね(^_^;)
アリスは私もGRでさえ???だったので、また挑戦したいと思います♪マザーグースの隠し味を汲み取れるようになって、楽しみましょうね(*^_^*)


★じゃじゃまるさんへ
おはようございます♪
つたない記事を読んで頂いて有り難うございました♪
メアリー・ポピンズもいつか読みたい児童書の一つなのです。
歌を元にやりとりって、知らないとやっぱり厳しそう(笑)
今のところGRでレベルアップをはかっているため、これといったマザーグースとは出会ってないのですが、これから児童書を読むにはやはり「もっと知りたいマザーグース!」です。
じゃじゃまるさんのように、「あっ、これだ♪」って思えるようになれたら良いなぁと思います♪
これからも宜しくお願いします(*^_^*)


★philjoyさんへ
おはようございます(*^_^*)
つたない記事を読んで頂いて有り難うございました♪
合唱なさっていたんですね、素敵♪
マザーグースが、文字としてだけでなく音として生活に浸透していることを感じさせてくれます♪
ラテン語版でも韻の心地よさが残るのでしょうね♪
philjoyさんはお教室をなさっておいでなのですね(*^_^*)
んふふ、手遊び楽しそうですね。遊びを中心にした「マザーグースとあそぼうよ(アルク)」を読んだとき様々な歌があって振り付けがあるんだなぁと実感しました(この時は音が自分の中に浸透してなかったので、この程度の認識です(笑))
経験豊かな先生に巡り会える生徒さんは幸せですね♪
これからも宜しくお願いします(*^_^*)
びっちゃん | 2007年05月13日(日) 07:42 | URL | 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。