こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

偶然出会ったsummer time記事

2007'03.25 (Sun) |Edit|

1~2週間に1本くらい、
シャドーイングにゆっくりのVOAニュースを
大人っぽく(?)使うときもあります(笑)

先日3月11日の記事はサマータイムについてでした。
alarm_clock.jpg

(画像はVOAからお借りしました)

【More・・・】

このサマータイム、日本では導入されていませんが、
米英では第1次世界大戦時代から始まりました。
日程が別とは聞き取れず、
このニュースを聞いたときから導入国では始まっているものと思っていました(笑)

イギリスでは今日3月24日からだったのですね。
(今日のBBCのニュースでサラッと知りました。)

簡単なニュース記事ですが、この差に気づけたのは嬉しいです(*^_^*)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が見たBBCは子供向けのニュースなので、
本当に簡単にサマータイムについて触れてあります。
一時間、寝る時間がなくなっちゃうけれど、
外に出られる時間が長くなるのは良いニュース!と楽しそうな報道です♪

VOAのニュースでは、イギリスのようにサマータイムといわずdaylight saving timeといわれていました。
こちらは、1時間早める理由、歴史、開始時間の前倒し、コンピュータへの影響懸念まで書いてあり、ホホウという感じです。
(日本の新聞やニュースでサマータイム記事を見たことがあれば、とても読み聴きしやすい素材です)

最後に、ヨーロッパは3月25日、アジアやアフリカでは導入されてない、と書いてあります。
アメリカはエネルギー削減を真剣に考え一番にサマータイムを実行する。でもアジア等は、そんなこと考えない。と暗に批判?が聞き取れたので苦笑でした。
(ヨーロッパの日程は聞き取れないのですが、そんなとこだけ聞き取れてしまう私って地獄耳でしょうか…)

どっちもどっち ですが…
そんなこと、京都議定書にサインしてからおっしゃいなさい!と思う、
心の狭い私です(笑)

アメリカ国内から採掘される原油量は10年で使い果たされる、
という言葉通り、
アメリカも本気です。
(サマータイムはずっと続いていて偉いなぁと思います)

最近もアメリカが簡易包装など導入し始めている記事が新聞にありました。
自国資源は採掘せず大切に寝かせて、
世界の原油を買い集め使用するための貯蓄設備に力を入れているのが
現状のようです。
うーーん、石油の高値はくずれそうにありません…

clock_ap416.jpg


日本では戦後GHQによって実践されたようですが、
生活にそぐわず、廃止されたらしいです。
本当に良いことなら、再度、導入されることでしょう。
いや、米からの内々指令により、導入させられちゃうかも(笑)
(日本人は、日没の早さで季節感をとらえる繊細なところがあるので、
不自然なことは嬉しくありませんが、残された資源を考えると…)

一時間すすめることで、体内時計のリズムを壊さないかという指摘があるようですが、こちらは特に問題ないようです。
どちらかというと、家の時計を全て一時間進めたり戻したりする方が大変なんですって。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この素材、読者のリクエストに対して3話入っていて、
・サマータイム
・アメリカの川の多さやミズリー川について
・グループMyBrighetestDiamondについて(歌あり)
でした。

内容も結構ききやすく、
3つ目の切ないけれど響きの美しい歌もシットリ落ち着き、
重宝しました(*^_^*)


夢の少ない主観的な記事でしたので読みづらかったのでは…
最近聴いた素材が他の記事とリンクしたのが嬉しくて
自慢げに長々書いてしまいました♪
お付き合い下さいまして有り難うございました(*^_^*)
スポンサーサイト
【洋書多読】 シャドーイング  |  TB(0)  |  CM(6)   |▲TOP

Comment

新聞にありましたね

おはようございます。
私は日本語の新聞で読みましたが、
国によって呼び方が違うのですね。
サマータイムは自分と関係ないと思い素通りしていた記事でしたが、びっちゃんさんの記事を読んで、省エネに真剣に対応すべきと考えさせられました。
hsty | 2007年03月25日(日) 10:20 | URL | 【コメント編集】

すごいですね。
なんかもう英語も聞き取れる出来る大人の女性状態じゃないですか。

まだまだ、私は音は聞いてもよくわかないですねぇ。
Q4 | 2007年03月25日(日) 19:58 | URL | 【コメント編集】

サマータイムの意義、わかるような、いまだによく分からないような気もするのですが、やはり夜の時間帯になっても明るいというのは、嬉しいような気がします。とくに私の住んでいるところは、夏と冬の日照時間におおきな差があるので・・・夏至のころは、日の入る部屋は一日電気がいらないくらいです。これからぐいぐい日が長くなっていくので、嬉しいけれども、子どもがいるおうちでは、子どもを寝かせるのに苦労するみたいです(10時でも明るいですからね・・・)
michi | 2007年03月25日(日) 20:35 | URL | 【コメント編集】

★温かいコメント、有り難うございます♪

★hstyさんへ
こんにちは、コメント有り難うございます♪
チョット背景がわかっていると、ニュース記事(?)も読みやすいなぁと思ってアップしてみました。
堅苦しくなくって読みやすい記事だと思います♪
>省エネに真剣に対応
うぅ、そんなに真剣になっていない私…
そんな風に受けとめて頂いたとは、身が縮む重いです。
でも、そうですよね…
私も出来る範囲で省エネしてみます♪
まずは、設定温度の変更ですね(*^_^*)
有り難うございました♪


★Q4さんへ
こんにちは、大人?かなぁ(笑)
実はからくりがありまして、
この記事、シャドーイングを10回くらいしています。
最初は3部作って気づかなかったくらい(笑)
5回目くらいになってくると、単語が聞き取れてくるので推測可能。
飽きたなぁ、と思ってからリスニングをして記事を読みます。
VOAは、DWできるうえ記事もあとから読めるので多読にも通じてよいなぁと思います(*^_^*)
ですので、これだけのこと、ぜ~んぶ最初から理解できてるわけではないのです♪
以上、からくりでしたぁ♪

★michiさんへ
こんにちは、コメント有り難うございます。
そして、リンクさせて頂いて有り難うございました♪
(事後承諾に近かったような(笑))

サマータイム、実際になさっているお話しを伺うと楽しそうです♪
日照時間にこれだけ差があるとは、考えもしませんでした(*^_^*)
お子さん達も日中が長くなると、真夏の星空を仰ぐ時間はまさに夢のようでしょうね♪
あ~、実際に生活を知らないと記事を読むだけでは思いつかないことばかりです♪
所変われば品変わる(?)
michiさんのお話しを伺い、欧米ではサマータイムは省エネに有効な手段だと思いました♪
有り難うございました(*^_^*)
びっちゃん | 2007年03月26日(月) 13:05 | URL | 【コメント編集】

北海道では一部導入です

サマータイム、北海道では昨年から一部の企業で導入されています。
道庁の主導で計画され、1時間早く出勤して、早く帰る、という試みがされています。出勤時間をフレキシブルにしよう、ということですね。エネルギーの節約や、早く帰って余暇の時間を増やそう、などとの狙いですが、好評なようです。
何しろ北海道は緯度が高いので、(特に私の住む北部では)7月にもなると朝3時半にはもう明るくなってきます。
私は、夜更かし朝寝坊なので、早起きは苦手なのですが(汗)

リスニングもどんどんチャレンジして、見事にものにされている、素晴らしいですね。
私も負けずにガンバロ~ッと!
リウマチばあちゃん | 2007年03月26日(月) 15:16 | URL | 【コメント編集】

★リウマチばあちゃんさん、有り難うございます♪

お礼が遅くなってすみません(>_<)
スパムの巣窟になった我がblogをみて、管理人としてふがいないなぁ思っています(泣)

ところでサマータイム!
日本でも部分導入しているのですね!
日本は縦長なだけあって、日照時間も地域によってさまざまなんだなぁと、実感しています。
こうやってblogを通すことでホホウと思うことが沢山あって、嬉しいです♪
評判良いということで思いましたが、やっぱり人間はおてんと様と一緒に起きて、おてんと様が沈んだら静かに寝るのが一番身体に良いのかも(*^_^*)
そんな贅沢な生活は望めませんが、少しでも近づけられるように努力するサマータイムは良い事のように感じてきました♪
皆さんのお話のお陰で、私の中の偏見が解けてきたようです(笑)

>私も負けずにガンバロ~ッ
リウマチばあちゃんさんのファイトには追いつけません(笑)
これ以上、引き離さないで~
びっちゃん | 2007年03月28日(水) 07:40 | URL | 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。