こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

お水取り

2007'03.12 (Mon) |Edit|

桜2月下旬、春めいてきたな…
と思うと、この寒さ…

だけど三月も半ばです♪
東大寺のお水取りとお松明、これが終われば気持は春です(*^_^*)

もちろんニュースで見るだけですが、
「さすがお水取り、寒いね~」とか
「お水取りが終わるまで」という言葉が自然にでるほど
身近に感じるこの行事♪


勇壮なお松明の裏側では、

【More・・・】

選りすぐられた僧侶の皆様の大切なご奉仕が
3月始めから しとやかに行われています。

お水取りは、二月堂の井戸からお水をくみ上げる。
くみ上げられたお水は霊力を封印され、お香水になり、
お供えなどに使われます。

11本のお松明は11人の皆様がお堂におこもりなさるための道しるべ(*^_^*)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私は難しい話はできないので、
高校行事のときに東大寺のお坊さんから伺ったお話を♪

簡単に言うと、
人は生きている限り、知らず知らずにいろんな罪を犯しています。

たとえば、知らずに虫を踏んづけちゃったり、
お洗濯に使ったお水を下水に流すことで小さなお魚の生命を脅かしていたり…

日頃の気付きようのない罪を11人の僧侶(連行衆)の皆様が、
皆の代表として寝ずに懺悔してくださる大切なご奉仕
だそうです。

もちろん、もっと専門的なお話しがあるのでしょうが、
子供相手の最低限のお話しと受けとめて頂ければ有難いです(*^_^*)

おこもりの皆様は、のどの乾きをいやすことなくお経を唱え、
明け方 お堂からお出になります。
そのときに、お水取りのお香水を口になさるということでした。

と、堅苦しいことはおいといて、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
チューリップお水取り。
季節の変わり目のアトラクションのようですが、
11本のお松明を道しるべに
11人の僧侶の皆様が皆に変わって懺悔をなさっておいでだなぁ、
と意識を向けるとなんとなく風情がでます(*^_^*)

ダレも頼んでないと言ったらそれまでですが、
言われずしてやるのが尊いということで♪

give & Takeの世の中で、
見返りなくしてgiveに徹するお姿に
温もり感じておきましょう♪

お水取りが終わると桜の季節♪
春よ来い(*^_^*)






~~~~お時間あればどうぞ♪~~~~~~~

<見る機会があれば(8年前の感想です)>

このお松明、見る機会があれば是非!

寒風吹きすさぶなか、2月堂を眺めます。
始まるまでは凍えてしまいますので、カイロと防寒着は必須です。

お松明が始まると、その迫力に圧倒されます♪
そして、今まで寒かった外気が、ほのかに温かく感じられ♪

お松明のスケールといったら、
大きな長細いキャンプファイヤーと思って頂ければ♪

(奈良の人にきかれたら怒られるかも知れない…)
風が強いと火の粉も飛んできます♪

もー、こんなに長くて大きな燃え上がったお松明が、
お堂の角で上手にグルリと方向転換する様は見事です。

しかも、後続がドタバタと走ってくる、
一歩間違えればぶつかって事故が!と思ってしまうくらい!

ドタバタとすごいスピードで走ってくるのです(汗)

お松明が終わると、2月堂の建物の中をグルリと回って帰ってこれます。
少し焦げ臭さが残っており、ところどころに使い終わったお松明がごろりとあります。
余韻に浸れて素敵です♪
後ろから人が押し寄せてくるので立ち止まれませんが(笑)

どうして木造建築のなかで、こんな大きな火柱を振り回そうと思ったんだろう?
なぞです(調べる気がない(笑))…

スポンサーサイト
.【日常】 メモ日記  |  TB(0)  |  CM(2)   |▲TOP

Comment

いいですねぇ。見てみたいです。
神社はちょっと怖いというか、恐れ多くて緊張するんですけど、お寺は気持ちが穏やかになるので子どもの頃から好きです。
また行事の意味合いを知ると、有難い気持ちと背筋が伸びるような気持ちがいっぺんに湧いてきますね。
素敵な記事をありがとうございます!
mayu | 2007年03月12日(月) 12:41 | URL | 【コメント編集】

★mayuさんへ

おはようございます(*^_^*)
神社と寺の雰囲気の違いを実感しておられるmayuさんって、なんだか不思議♪
昔、お寺さんもそんな風におっしゃってました♪
そこに神様と仏様の違いがあって、お寺は過去世と現世の仲介場所だから、みんなもっと気楽になればいいんだ、っておっしゃってました♪
私は感度が鈍いので、聞き流してましたが、
mayuさんのお話しを伺って思い出しました♪
こうやって、お話しさせて頂くことで、昔の事を思い出せるって、blogならではでしょうか(笑)
こちらこそ、有り難うございました(*^_^*)
びっちゃん | 2007年03月13日(火) 08:07 | URL | 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。