こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

【洋書多読】The Cat in the Hat 50周年記念♪

2007'03.17 (Sat) |Edit|

まだ読んだことないのですが、The Cat in the Hat ♪
いつも表紙をチラッとみるだけなので、お猿さんだと思っていたんですよ(笑)
でも、実は猫だという衝撃的な事実!

(中身ちょっとだけみれます)
039480001XThe Cat in the Hat
Dr. Seuss
Random House Childrens Books 1957-06

by G-Tools


2007年3月2日 ニューヨークのとある学校の子供達は
テニスチャンピョンSerena Williams の朗読を楽しみながら50周年をお祝いしたというほど、親しまれている作品なんですって♪
子供達は朗読を聞き終わった後、帽子を手に取り大興奮♪

★音源の試聴はこちら(audible聞きごたえあります)

【More・・・】

★Dr. Seussの公式webサイトはこちら♪
★参考:Dr. Seussの試聴
(どれもテンポがいいです♪
 試聴の時間は様々です。試してみて下さい♪)

The Cat in the Hat が誕生した1957年付近の日本の出来事、気になります。
wikiでザクッとみるとこんな感じらしいです♪
私の中では、太郎と次郎の感動のドラマの原点、南極越冬隊が関連づけられました(笑)
それから、ミッフィーちゃんと京都市交響楽団は去年50歳のお誕生日を迎えました♪
かれら(?)はCat in the Hatと同世代なんですね♪
スポンサーサイト
【洋書多読】 YL1~  |  TB(0)  |  CM(7)   |▲TOP

Comment

もってます!

The Cat in the Hat 本もCDも中古ですがもっています。
独特な世界ですよね~ 
言葉遊びは楽しいな~と思いつつ、結局1度読んで1度きいて終わってしまいました。
(もったいないですよね^^;)
典型的な物語みたいな方が自分は好きなのかなぁ;;
本だけなら結構図書館で見かけるので、どこにでもおいてあるのかもしれませんね。
りあ | 2007年03月18日(日) 00:10 | URL | 【コメント編集】

おもちでしたか!

リアさん、温かいコメントを有り難うございます♪
いつもながら、遅レスですみません(^_^;)

>1度読んで1度きいて終わってしまいました
わたしもー!この気持、よくわかります♪
これは購入派の悲しい定め???
最近、ジックリ本を読むよりもオーディオブックをシャドーイングする機会が増えました。それで、何度も何度も同じCDを聴いていると、ダンダン耳慣れてきて、この音は何ぞやと思い始めてきました♪
こうなってから、本を読むととっても浸れます♪
特にマザーグース。
図書館に「はじめてのマザーグース」(Raymond Briggs著 ラボ教育センター出版)があれば、是非借りてみて下さい。
10のマザーグースが紹介されており、CDは英語朗読→日本語のプロの朗読→英語の歌という感じで10の作品が聞けます。
CDを聴くと状況が浮かび上がるように作成されているので、ちょっと面白いです♪
家事をしながら、本を開く必要もないの。
著者はさむがりやのサンタの作者さんなので絵も優しく繊細に描かれていて(*^_^*)
でも、お値段がはるので購入は……

おっと、横道にそれましたが、
私たちは音(特に海外の人は面白いと思うのに、日本人には面白いと思えない物)に対して、わかりたいという意識が強くって、焦りすぎなのかなぁと最近思ってきたの。
先ほどの洋書を感じて、まさにそう思いました(笑)
私も、一回しか聞いてない音は結構あるのですが、最近、そういった音をひとまとめにプレーヤーに入れて、移動時間などに意味は理解せず、楽しく口ずさみながら聞きながしています♪
そうやって、ためこんでおくと、たまぁにリンクする音と出会うことがあったりして嬉しくなります♪
そしてね、たまぁに本を開くと、リズムが頭の中を走るので、楽しいです(*^_^*)
でね、最近、ウン百万語の多読したあとに多聴するとすごいだろうなぁと思い始めています♪
りあさんも、多分そろそろ多聴環境に移るのではないでしょうか♪
チャンス、チャンス!
チビちゃん達とお台所でWeeSingを楽しみながら聴くのは最高に楽しい多聴のような気がします(*^_^*)
うらやましい(*^_^*)
びっちゃん | 2007年03月19日(月) 23:43 | URL | 【コメント編集】

びっちゃんさん、
私もずっと同じことを感じてきました。 英語の詩やマザーグースは読むよりも、何度も繰り返して聞いて、親しみを感じてきて初めて味がでてくるなぁって・・・するめみたい♪
私もこのごろ久しぶりにマザーグースを繰り返して聞いています。BBCのテープで60篇のマザーグースが入っているお得なものですが、古い編集なので日本には入っていないようです。 でも、日本にもよさそうなCDがたくさんあるのですね。 今度ぜひマザーグースのくわしい感想を教えてください!
Dill | 2007年03月20日(火) 03:23 | URL | 【コメント編集】

★Dillさんも♪

コメント有り難うございます♪
そうそう、本当にスルメですね(*^_^*)
しかもトッテモ食べ応えがある(笑)

Dillさんもマザーグース熱にかかっておいでなのですね♪
ふふふ、blog楽しみですw

>今度ぜひマザーグースのくわしい感想
これは無理かも~(>_<)
マザーグース、あまりにも奥深くて(笑)
ごめんなさぁい!
…といいつつ、ピーターラビットのマザーグースは押さえようと思っています(笑)
26コだし(*^_^*)
びっちゃん | 2007年03月20日(火) 18:31 | URL | 【コメント編集】

マザーグースについてブログに書くのは難しそうです。だって、インターネットで聞ける音源がどうしても見つからないので・・・(涙)オルゴールメロディーならいくかあるのですが。
BBCかLibriVoxあたりでやってくれないかしら、と念じています。もしどこかのホームページでマザーグースを読んでいるのを見つけたら、ぜひ教えてくださいな。 
Dill | 2007年03月20日(火) 21:12 | URL | 【コメント編集】

さっそく

Audible.comで試聴してきました!
すっごい楽し~い♪♪♪♪♪嬉し~ぃ♪♪♪思わず頬がゆるんじゃう~(笑)。
アメリカのドタバタ系のアニメを彷彿させるノリですね!
実は多読初期にCat in the Hatは読んだことがあったのですが、そのときはこんなにハチャメチャに楽しいとは思わなかったのでした。久しぶりにDr. Seussに再会して、その面白さを再発見することができて、とても嬉しかったです。びっちゃんさん、どうもありがとう!!!

そして「はじめてのマザーグース」そんないいCDだったんですね~!以前古本屋さんで見かけたことがあって、でも高いから(そしてボロかった:笑)素通りしてしまったのです・・・ちっ。またどこかでご縁があるといいなぁ~。
実は私も最近またマザーグースブーム再燃中です(あ、だいぶ前からマザーグースにははまってるのですが^^。私の場合、たまにどどーっと波が来るんですよね)。でも、確かに、マザーグースの感想を書くのは難しいですよね。楽しいんだけど、何がどう楽しいのか・・・よくわかんない(爆)。本を読んでいて「あ、あの詩のパロディだ!」とかわかるとすごく嬉しかったりするんですけどね。

やばい。Dr. SeussのCD欲しくなっちゃった。。。今月はもう予算オーバーなのに~ぃ!!!
とまと☆まま | 2007年03月20日(火) 22:40 | URL | 【コメント編集】

★マザーグースを有り難うございます♪

★Dillさんへ
こんばんは~♪
こんなに複雑なWEB世界で見つからないのがなんだか不思議ですよね???
マザーグース音源(きれいな朗読・歌)があったらいいのになぁ!
Dillさんの記事がよみたぁい(*^_^*)
BBC頑張って(;;)


★とまと☆ままさんへ
こんばんは!!
audibl、素晴らしい太っ腹、有り難うございます!

>アメリカのドタバタ系のアニメを彷彿させるノリ
とまと☆ままさん、私もそんなふうになりたぁい!
私は起承転結しておるなぁ(笑)という感じでシャドーイング中♪
口がついてゆかないのが楽しい(笑)
聞く+多読することで、原点に戻ったとき成長を感じられるのが良いですね♪
私もそんなふうになれるだろうか…
いや、なれる!

ところで、ところでマザーグース!
とまと☆ままさん、今、ブームなのですね♪

私は、感じることをすっ飛ばして、先に理屈から責めようとして挫折しました(エッヘン!)
>本を読んでいて「あ、あの詩のパロディだ!」とかわかるとすごく嬉しかったりするんですけどね。
そうなんですよ!
特に私の場合は、そのフレーズを見てあれだ!ってわかって朗読や歌のリズムがよみがえってこないと、ただの英字の羅列に見えちゃうだけっていうのが最近わかってきたのです(*^_^*)
だから、うんちくを読んでも、ふーんで終わってたんです(泣)

そのことを感じさせてくれたのが、「はじめてのマザーグース」だったのです♪
「初めて」のマザーグースとして良い本だなぁと思いました(笑)
(高いので)図書館にあればお薦めです♪
とまと☆ままさんがご覧になったのは初版かもしれないですね。中古でもプレミア(?)で高い???
今は新装丁で取っつきやすい感じ(*^_^*)

Dr. Seuss、そんなに思って頂いて、遠い国にも伝わっていそうです♪
願わくば、とまと☆ままさんのポケットをたたけば予算が増えますように!!
びっちゃん | 2007年03月22日(木) 00:15 | URL | 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。