こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

【洋書多読】The Birds

2007'03.02 (Fri) |Edit|

YL2.4 6300語
0582417988The Birds (Penguin Readers: Level 2)
Daphne Du Maurier
Longman 1999-11-01

by G-Tools


このお話し、ホラーかぁ、とおもって手をつけておりませんでしたが、
とまと☆ままさんの記事で、好奇心ムクムク♪
とまと☆ままさん、有り難うございます♪

さてさて、このレベルで読む方が傷も浅いというニュアンスのアドバイスも頂き多読開始(^▽^)v

ご紹介はとまと☆ままさんにお任せして(*^_^*)

で、どうだったかというと…

【More・・・】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
し、しばらく身体のあちこちがチクチク、
後ろに目をつけて歩かないとカラスが怖い(;゜0゜)

とにかく鳥が襲いかかるパターンは決まっているのですが、
だからといって助けもなく、どうすることも出来ないのです(>_<)

このエンドレスの雰囲気が怖くて…

各地が鳥におそわれ、孤独な戦い。
お父さんが家族を励まし守る姿が、
なんとも健気で(>_<)


気象の変化でいきなり冬、
食べ物が少なくなり鳥たちは人間を襲う…

ところで今年は暖冬。
えっ、もしかして、鳥や虫が異常発生してるかも…

食べ物がなくなり、虫たちは田畑を荒らし、
鳥たちは人間を襲うかも???

現実でも異常気象が恐ろしい…と、Birdを思い浮かべる
小心者の私
でした(>_<)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<おまけ>
GR2を読めるようになったときに読んだ作品です。
同作者のDon't Look Now。

ホラーだと思わずに読みましたが、
怪奇現象はやっぱりホラーです。

幼い娘を亡くした妻の心を癒すため、夫婦はベニスにやってきます。

そこで出会った不思議な老婆達。
彼女達は「亡くなった娘は妻の側で遊んでいる」と妻に告げます。

その後、夫婦の周囲で不思議な出来事が…

怖さの中に引きずり込まれる神秘的な醍醐味があり、
これも、アレアレ~と読みました(*^_^*)
結末は「ダレ…」と思うなんとも言えない後味が。

最後はBirdと同じく奇妙な読了感が残ります…
読まされる作品でホラーだけれど好きな部類です(*^_^*)

一文が長いなぁと思ったのですが、
慣れてくると気になりませんでした。
0582417716Don't Look Now (Penguin Readers: Level 2)
Daphne Du Maurier
Longman 1999-11-01

by G-Tools


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・とまと☆ままさんがアドバイスくださった
the Crowns(PGR1)やDangerous game(PGR3)。

the Crowns(PGR1)はイングランドのとある海辺の街のお話し。
この町は3つの大切な物に護られているという伝説があります。
0582505410Penguin Readers Level 1: "the Crown" (Penguin Readers)
M.R. James
Longman 2002-01-07

by G-Tools


この伝説に興味を持った旅行者が、
この一つを代々護っている家系を探し、
奇怪な事件が始まります…

このお話しPGR0からチャクチャクと読み始めた私が、初めて手にした分厚い本でした♪
内容も伝説がらみで興味をひかれ、何度か読み直したおはなし♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ホラーと一言でくくっても、作風によってかなり印象が違うものですね♪
血みどろジェイソンとか、人形が動くとか、呪いとか…
も~ほんとに苦手です(>_<)

しばらくの間、
暗い部屋の電気をつけにゆくのも怖くなってしまいます。

最後に読んだホラーはMonky'sPow(OBW1)。
このお話しは同じホラーでも人生をかけて築いてきた大切なものを
呪いによって、すべて失ってしまうお話しです。

生きながら残された者にとって、本当に残酷な気がしてショック。
英語で読むと一生懸命読むので、気持が入りすぎます…
このみでないのですが、GRホラーということで小さく写真を(笑)
The Monkey's Paw (Oxford Bookworms Library)

このお話し以来、
ホラーはできるだけ避けるようになってしまったのです。
呪いは怖いよ~(>_<)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご紹介くださったDangerous game(PGR3)は楽しみになってきました♪
ホラーですが、読み時に読んじゃえ(笑)
0582427460Dangerous Game (PENG)
W. Harris
Longman 2000-11-08

by G-Tools


とまと☆ままさん!
素敵な本をご紹介くださり有り難うございました(*^_^*)
スポンサーサイト
【洋書多読】 YL2~  |  TB(0)  |  CM(7)   |▲TOP

Comment

気になります!

びっちゃんさん、こんにちは。
ホラーの特集記事をありがとうございます!ホラーは苦手で邦書ではほとんど読まないのですが、タドキストの方から面白いという話を伺うと、読みたくなってきてうずうずしちゃいますね。苦手だけど、でも気になる・・・迷ってしまいます(^^);
rfuji | 2007年03月02日(金) 14:55 | URL | 【コメント編集】

ホラー

記事を読んだだけで、怖くなってしまいました。。。
探偵や謎解きは大好きですが、ホラーは苦手です(>_<)
でもこうしてブログで紹介されているのを見ると、なんだか読んでみたくなってしまうものですねぇ・・・。
読んでみる??やっぱりやめとく??
ただいま自問自答中・・・(^―^;)
YOKKO | 2007年03月02日(金) 22:04 | URL | 【コメント編集】

★温かいコメント有り難うございます♪

★rfuji さんへ
こんばんは♪
ホラー、実生活に引きずってしまうタイプです♪
私見ですがMonky'sPowは、2度と手にとらないかなぁ。

私もダメなタイプですが、サラッと概要を知っておきたいなぁという場合は今がPGR2のボリュームは良いかと(笑)
怖いのに…


★YOKKOさんへ
こんばんは~♪
YOKKOさんのblogを見てると、「ホノボノさんだね!」と思います♪
私もホノボノが好きなのでホラーは…
だったのですが、
多読していると読める本が読み時の本、というところがあり手に取ることに♪
読書の幅が広がります(*^_^*)
ヒッチコックさんの2作品は怖いけれど、後味も悪くない。
不思議な作者ですね~
びっちゃん | 2007年03月03日(土) 01:05 | URL | 【コメント編集】

納得です!

確かに、読める今が読みどき。いつもは読まないホラーだけど、
今のレベルにぴったりなのと、PGR2のボリュームで読むというのは、
良い話かも。何日もかけてホラーを読めないと思うから。
びっちゃんさんのコメントを拝見して、妙に納得してしまいました。
ありがとう♪
rfuji | 2007年03月03日(土) 23:02 | URL | 【コメント編集】

こちらこそ♪

>何日もかけてホラーを読めない
そうそう!
私もそう思う~♪
そんなレベルが読めるようになってたらホラーには手をださなそう(笑)

レベル2は読みたい作品だらけ。
スパイスを利かせて読書を楽しみましょう♪
びっちゃん | 2007年03月04日(日) 02:10 | URL | 【コメント編集】

ホラーごらん(さぶっ)

いきなりおやじギャグ(死語)で失礼。
Dengerous Gameは怖いです。同じPGR3のRingも怖いですよー。ホラーじゃないですが、別の意味で結末は怖いです。血が嫌いな方はやめたほうが。
ブログ開設前に読んだ本なので、ブログに書いてある紹介記事は参考になりません…
のんたっち | 2007年03月04日(日) 12:34 | URL | 【コメント編集】

ふひゃひゃ!

★のんたっちさん有り難うございます(*^_^*)
時差疲れからご回復なさいましたか♪
結構おやじギャグ好きなのです、どこかで使えるかなぁ(笑)

それはそうと、
え~、怖いのですか…
リングも…

実はリングのあの清々しい表紙に憧れており、PGR2を読み始めたときから、「あの表紙のGR、読むぞ~!」と意気込んでいました(笑)

よかった~、のんたっちさんの感想がきけて♪
ぜったい手に取らないでおこう(*^_^*)

そうだ、Marvin君の宇宙人転校生の話、お読みでしたよね♪
ラストが微妙だったのですが、
数年経ったら迎えに来る→Marvin君が同意すれば宇宙に連れさらわれる、
という感じなんでしょうか。
とっても微妙で引っ掛かってるんですよぉ~。
もっと英語力が欲しい(笑)
びっちゃん | 2007年03月05日(月) 07:41 | URL | 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。