こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

図書館利用でよりよい多読♪

2007'02.06 (Tue) |Edit|

<これから図書館利用をなさるかたへ>
いつも思うのですが、地域の図書館にGRが揃っていたら夢のようです♪
でも現実は(>_<)

GRが揃うのはまだまだ先かも知れませんが、絵本がたくさんあるのも図書館(*^_^*)
またもや、地域情報で申し訳ありませんが特選と準特選の京都府内で読める絵本のリストです。
      ★特 選の絵本
      ★準特選の絵本

(英語多読完全ブックガイドより)
英語多読完全ブックガイド英語多読完全ブックガイド
古川 昭夫 神田 みなみ 小松 和恵

by G-Tools


京都に限らず、これから図書館を利用されるかたで名作も読みたいかたは、上のリストに、タイトルがありますので、コピーして検索に使うと楽だとおもいます♪
特に、図書館と上手につきあおうと思って揃えた物は…

【More・・・】

予約・リクエスト用紙(たくさん)

です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

図書館には寄贈なども含めて、洋書絵本が山のようです♪
ですが、レベルを確かめないと玉砕します(>_<)

地域によって異なりますが、図書館の利点は…
・無料
・ネットで検索できる
・ネットで予約しておける(お仕事でも平気)
・府内の図書館の蔵書を指定した図書館に取り寄せてくれる(幅が広がる)

なので、英語多読完全ブックガイドとにらめっこしながら絵本を選んでいます。
素晴らしい本を作って下さって、古川先生とタドキストの皆様に感謝申し上げます(*^_^*)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
英語多読完全ブックガイドがあれば、名作に出会えますし、あとは蔵書があるかを検索するだけです(*^_^*)
ですが、これが意外にてこずりました♪
タイトルをスペルミスしないように入力するのですが、ヒットは3割…
しかも、そのときには「スペルが間違っているのか」と、まず自分を疑ってしまいます(>_<)
ガックリしてへこんでいました。

あるとき掲示板をみていて、「ISBNで検索すれば楽だぁ」と感動する投稿があったのでISBN検索ばっかりしていたら、ほんとに楽でした♪
ミグさん有り難うございます(*^_^*)

でも、3割しかないことに疑問を感じて、今度はタイトルでトライ
また、今まで市内図書館の検索を使っていたのですが、府立図書館のHPで府内横断検索を見つけたので、そちらに切り替えて検索。

そしたら、すごくヒットしはじめたのです(*^_^*)
嬉しい(*^_^*)

特選と準特選を表にしたのは、せめてこれらの本を地域で読めるように、利用されるかたのリクエストで埋まったらいいなぁ~と思って♪
名作ですから、図書館もリクエストを受け入れてくれやすいと思いますし(笑)

これを読んだ府民のみなさま、どうぞ清き一票を♪
(読む人がおられるかが、まずは問題ですが…)

そして、これから図書館利用を考えている人がおられたら、この表のタイトルをコピーして地域の横断検索で検索してみては?
名作との出会い、引っ掛かったら嬉しいのです(*^_^*)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最近、私の多読レベルも当初よりアップ。
絵本も読めるようになってきました。
原点に帰って図書館利用にセッセと励む日々です(*^_^*)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あと、私事で申し訳ないのですが…
もし、京都のかたでこの記事を読んでおられるかたがおられましたら、
This Is Edinburghを、リクエストして頂けないでしょうか(>_<) 
This Is Edinburgh (This Is . . .)

このThis isシリーズ、とっても好きなのです。絵本なのに、チョットしたガイドブックみたいで(*^_^*)

そして、私が世界で一番行きたい Edinburghが抜けてる…

いや、厳密にいうと This Is Rome も抜けているのですが、でもでも、Edinburghを読みたいのです(泣)
Amazonで、だいぶ前から40%引き。自分で買おうかとも迷ったのですが、これだけシリーズが揃っているならリクエストが通りやすいかも…
と思いまして…

お願いします。もしものおりには、Edinburghを~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

絵本と音源でビックリしたことを書こうと思ったのですが、時間が足りなくて残念です。(私のような初心者向き)

秋まで忙しくなってゆくみたいなので、「早く書いておこう!」と焦ってるのですが(>_<)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一人の力は小さいけれど、みんなでやれば大きな力♪一日一回、宜しければお願いします(*^_^*)

スポンサーサイト
.【低コストで多読】 くわしく低コスト  |  TB(0)  |  CM(12)   |▲TOP

Comment

絵本のリスト

特選&準特選の絵本のリスト、拝見させて頂きました♪
子供の頃に読んだ絵本とか、読んでみたかった絵本などがあって、ますます楽しくなりそうです♥
まだ多読を始めて間もない私には、レベル別になっているのも助かります。。
いつもステキなお話をありがとうございます+.(o´∀`o)゚+


YOKKO | 2007年02月06日(火) 19:07 | URL | 【コメント編集】

ぴっちゃんさん、
熱意に感じ入ってしまいました!本当に日本の図書館にぜひぜひ英語の本を入れてもらいたいですよね。
ねぇ、こんなの夢かもしれなけれど、たとえば、ブログの世界で署名を集めて、たとえば文部省に請願書を出すみたいなことって、出来ないのかしら。。。。日本人の英語力を向上させるって、日本の大目標でしょ?図書館にそのための道具を揃えるのは、とても基本的なことだし、必要なことだと思うのです。
こう思うのも、以前私は、地域の図書館に英語の本を入れてくれるよう、提案書を出したことがあります。。。その時断られた理由は、図書館は英語の勉強を支援する場所ではない、そして予算がない、というものでした。ああ、末端の(と言っても大きな自治体の中央図書館で、なんとか市長と館長にあってもらうとこまで行ったのに)官僚機構では、どうにもならないのか。。。と思ったからです。
個別の図書館から見たら、確かにそういう風に感じるかもしれないけれど、視点を変えて、みんなの英語の勉強に英語の本が必要だ、その本を置く場所はどこか。。。と考えたら、図書館しかないのに、と思ったものでした。 
もし、もし、私の考え方にちょっとでも”ふむ”と感じていただけるなら、私のブログの一番下にメールフォームがあるので、メールをいただけませんか???私も具体的にプランがあるわけではないのですが、ちょっとでも良くする、何か方法がありそうな気がするのです。
こんなこと書くのはブログの社交ルールに違反だろうな、と迷ったのですが、私はそろそろ何か変化があってもいい頃ではないかと思うのです。
Dill | 2007年02月06日(火) 21:11 | URL | 【コメント編集】

This Is Edinburgh

京都に友達がいるので、
リクエスト聞いてみましょうか。
英語とも多読とも、縁がなさそうですが。。
図書館くらい利用してるかなー、ということで。
ISBNとASINとタイトルを控えておけばいいですか?
yukino | 2007年02月06日(火) 22:05 | URL | 【コメント編集】

続き

京都市内に住んでいる友達に
聞いたところ、市内在住の方にだったら
力になれるのかな?という事でした。
府内の人だれでもいいのであれば、
友達協力体制OKみたいです^^

タイトル、ISBNを教えればいいですか?
まずは一冊。。
yukino | 2007年02月07日(水) 00:09 | URL | 【コメント編集】

英語の本置いて欲しいですよね

こんばんは。
私の町でも英語の本は図書館に置いてありません。いつも置いて欲しいと思っているのですが、予算、それに読者が少ない、ということが一番の理由らしいです。田舎町だから英語学習者が少ないのは事実なので、しょうがないと諦めていますが。

私のブログをリンクしてくださりありがとうございます。
私もリンクしますね♪
リウマチばあちゃん | 2007年02月07日(水) 01:28 | URL | 【コメント編集】

温かいコメント有り難うございます♪

★YOKKOさんへ
おはようございまぁす♪
YOKKOさんがお読みの本と私のレベルがよく似ているので、お互いはげみになりますね♪
日曜日は自分で絵を見ながら、絵本を選べるのですが、平日はそうはゆかないので、ガイドにある本を予約するの(*^_^*)
いろんな方法を駆使して、レベル0~2を乗り切りましょうね♪

★Dillさんへ
そ、そんなに過大評価して頂くと…
どちらかというと、財布のひもを固くしばって地域で読みたいという、夢のない気持が大きかったのですが、だんだん欲が出てきました♪
ほんとうに公共図書館にぜひぜひ置いて欲しいですよね(*^_^*)

ところでDillさんの熱心さには脱帽です♪
そんなに掛け合っておられたとは…
>英語の勉強を支援する場所ではない、そして予算がない
そうですよね、勉強ではなく文学という方法でアピールするのが妥当でしょうね。

図書館、充実してほしいなぁ(*^_^*)


★yukinoちゃんへ
おはようございます(*^_^*)
私の職場は図書館に縁なく、残業ばっかりなので言っても相手にされません(>_<)
友人はお嫁に行って他府県だし…
他の関係の人達も、そこまで~というかんじ。
私も多読してなかったら、そうだろうなぁと思います(笑)
今は家族がたまぁにリクエストに協力してくれています。

わーん、yukinoちゃんの申し出、嬉しいな♪
でも、お友達にむりなさらないように仰って下さいね。
書名と著者名と出版社を書くのですが、まずは1冊、
準特選の
『The Tiger Who Came to Tea』
著者:Judith Kerr
出版社:Harpercollins Childrens Books
をお願いします♪
トラさんがお茶会に来るホノボノと良い作品とのことです♪

どうぞ、宜しくお願いします(*^_^*)


★ リウマチばあちゃんさんへ
おはようございます(*^_^*)
そして、お出で頂きまして有り難うございます♪
>予算、それに読者が少ない
そうなんですよね…
予算を出されると、辛いです。

でも、どこの地域でも親子は図書館にたくさんおられると思うんです。
そして、子供といっしょに英語に触れたいと思っておられるかたも多いと思うんです。
そのときに図書館が力になれなくて、だれが力になってくれるのだろう…と切なくなります。
せめて、特選の絵本だけでも置いて欲しいですよねぇ(*^_^*)

そうそう、リンクして頂いて恐縮です(*^_^*)
私は隣で頑張っておられる姿を思い浮かべさせてくれるリウマチばあちゃんさんの記事が楽しくお邪魔しているので、リンクして頂くのが嬉しいと同時にビックリです。
どうぞこれからも宜しくお願いします(*^_^*)
びっちゃん | 2007年02月07日(水) 07:35 | URL | 【コメント編集】

うれし~

英語多読完全ブックガイド喜んでいただいてうれしーです。
絵本の章は私も少し手伝わせていただいて、みんなで協力して語数をカウントしたり、それぞれがつけたレベルをすり合わせたり、思い出がいっぱいあるんです。
図書館にたくさん洋書絵本を所蔵していただけるといいですね。
隣り合った府県で協力して本を融通できるようになるとずいぶん費用の面では助かるのでしょうね。
特選に選ばれた本の中にはアマゾンでもう手に入らないものもあるのです。
昔からある大きな図書館でもし見かけたら、ぜひ読んでもらいたいと思っています。
一度読んで玉砕した絵本、何ヶ月かして読んだ時に霧が晴れたようにわかるってこともありですよー。
Kaako | 2007年02月07日(水) 16:24 | URL | 【コメント編集】

はい(*´∀`*)

私も、びっちゃんさんにお会いできてから、ますます洋書読書が楽しくなった気がします♥
まだ1回行っただけの図書館ですが、多くの本とも出会えたし♪
ありがとうございます!

私は『ミステリではじめる英語100万語』を持っていて、最初はそこから本を選んでいたのですが、最近は、みなさんのブログなどを拝見していて読みたい本が次々とできてしまって、読書が追いつかない状態です。。

よろしければ、びっちゃんさんのサイトを、私のブログにリンクさせて頂きたいのですが、よろしいでしょうか??
YOKKO | 2007年02月07日(水) 18:00 | URL | 【コメント編集】

★温かいコメント有り難うございます♪

★Kaakoさんへ
おはようございまーす♪
本当に、こんなに素敵な本を有り難うございました(*^_^*)
なみ大抵のことではなかったと思っていましたが、またkaakoさんのお話しをじっくり聴きたいです♪
 楽しいエピソード、たくさんありそう(*^_^*)
図書館が強い味方になってくれると嬉しいなぁ♪

★YOKKOさんへ
おはようございます(*^_^*)
進捗が同じだと、いろいろ工夫しあえるから楽しいですね♪
>『ミステリではじめる英語100万語』
あの本読むと、も~読みたいシリーズがわんさか出てきて(笑)
時間がもっとあったらと思いつつ、本を厳選する日々です(*^_^*)

リンクして頂くの、有り難うございます。
私もリンクさせて下さいね♪
一緒に楽しく読書しましょ(*^_^*)
びっちゃん | 2007年02月08日(木) 07:36 | URL | 【コメント編集】

ありがとうございます♪

そう言って頂けると嬉しいです +.(o´∀`o)゚+
これからも本や多読のお話など、いろいろ聞かせて下さいね~♪
私も、読んだ本、その他、アップしていきますので、また遊びに来てもらえたら嬉しいです♥

リンクさせて頂きました♪
私のブログもリンクして下さってありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いしますね(^ー^)♪
YOKKO | 2007年02月08日(木) 13:16 | URL | 【コメント編集】

準特選の

準特選の
『The Tiger Who Came to Tea』
著者:Judith Kerr
出版社:Harpercollins Childrens Books

京都の友達にリクエストしておきました。
動きが有ったら連絡をくれるそうです。
そしたら、こちらにまた書き込みさせて
もらいますね^^。


yukino | 2007年02月08日(木) 23:49 | URL | 【コメント編集】

★YOKKOさん、yukinoちゃんコメント有り難うございます♪

★YOKKOさんへ
お返事遅くなってごめんなさぁい(>_<)

早速、絵本の嵐ですね(*^_^*)
も~、素敵な本がたくさんある図書館で嬉しいですよね♪
絵が好みなだけで、どんどん読めてしまうし、その上、感動までさせてくれるし♪
はー、読みたいものだらけです(*^_^*)



★yukinoちゃんへ
お返事遅くなってごめんなさい(>_<)
わざわざお友達と連絡までとって頂いて有り難うございます(*^_^*)
すっごく、すっごく嬉しいです♪
私も、この本のリクエストいれているので、確実にこれで3人のリクエストになるわけです。
3人とは、うちの人も含めています(笑)

や~ん、連絡あるかも~(*^_^*)
yukinoちゃ~ん、有り難うございました♪

びっちゃん | 2007年02月10日(土) 23:59 | URL | 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PAGETOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。