こども式(多読サイト) |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   |▲TOP

低コストのメモを始めたのは

2006'11.16 (Thu) |Edit|

低コストメモをとっておこうと思ったのは、もっと早くに知っていれば初期レベルの費用をおさえられたのになぁ…と思ったからです。
多読を始めたときに酒井先生が「リサイクルしてますか?」と掲示板でどなたかにおっしゃっておられた意味がよくわかりませんでした。

・英語に慣れるには、やさしい文章から徐々にレベルを上げるべし
・苦手な人は、初期レベルをたくさん読むべし


こういう形で大量の英語と戯れるわけですから、支出は当然必要だと思っています。
そして、この支出は英語に対する満足感ですので費用対効果も十分ではないでしょうか?45万語に行き着くまでにかかった費用(購入費用-売却額)を考えると、私は満足です。

『早くレベルをあげてお気に入りのPBを読めるようになりたい!』
こんな素敵な目標もあるんですから♪

でも、多読する人には、他の趣味があったり、家族のために費用がかかったり、いろんな環境があるわけです。
やっぱり、押さえられるところを押さえれば、余った分を他の事にまわせて生活も気持も豊かになります♪
そして、多読は悪者にされません。
(ただし、押さえすぎると人格が小さくなってしまう気がするので、バランスは大切です。)

人生の幸せって、健康・経済・気持の3要素のバランスにあると思います。
多読は、経済と気持に影響しそうです。
(多読が面白すぎて寝不足になっちゃうと健康にも影響しそうですが(笑))
ここまでなら、許せる範囲を自分で知って、楽しく多読をしたいなぁ、と私は思います。

そんなの、自分の感覚でわかってれば良いのですが、あえて深く掘り下げたくなりました。
スポンサーサイト
.【低コストで多読】 わたしの気持  |  TB(0)  |  CM(0)   |▲TOP
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。